さまざまな美容効果を期待できるボトックスの副作用とは

施術の流れ

女医

安心して受けるために

初めてボトックス注入するとなったら不安に思うことが沢山あるかと思います。費用や副作用、施術後のケアなど色々とあるでしょう。こういったことでなかなかボトックス注入を受けられないという方に、施術の流れを紹介します。
まず、ボトックス注入を受けるとなったらカウンセリングを行ないます。この施術にカウンセリングはとても大事で、カウンセリングをあまりせずに施術してしまうと酷い副作用が起こる可能性があります。そのため、カウンセリングでは医師がしっかりと状態を確認し、適切な施術ができるように診断します。また、ボトックス注入の治療がどんなものなのかと詳しく説明してくれますし、疑問に思ったことも全て答えてくれます。カウンセリングでは、十分に納得した上で施術を受けられるようにするので安心して受けられるようにしてくれます。もちろん、カウンセリングだけを受けるのも大丈夫です。ただ、無料でカウンセリングを受けられるところも増えていますが、中にはカウンセリングだけだと料金が発生することがあるので事前に確認しておきましょう。
カウンセリングが終わったら、次にボトックス注入の施術に移ります。ボトックスは注射で注入することになります。注入する部分は、しっかりと冷やして極細針の注射でゆっくりと注入していきます。痛みはほとんど感じませんが、美容クリニックによっては希望すると麻痺させられるクリームを塗布してくれます。注入する量は、カウンセリング時で医師が大体決めますが、実際に注入する時も様子を見ながら注入してくれます。そのため、場合によってはカウンセリング時に言われていた量よりも減ったり、多くなったりすることがあります。
ボトックスの注入が終わったら、医師からアフターケアについて説明を聞きます。注入直後は軽い副作用が起こることがあるので、しっかりと話を聞いてケアを行なえるようにしておきましょう。
そして、全て終わったらメイクして帰宅することができます。しかし、注射した付近はあまり触らないほうがいいので、できるだけメイクせずに帰宅することをおすすめします。
以上、ボトックス注入の施術の流れでした。難しい施術ではないので気軽に受けることができますが、副作用の心配が強いのなら、カウンセリングでしっかりと医師から話を聞くようにしましょう。

To Top