さまざまな美容効果を期待できるボトックスの副作用とは

実際にあるのか

カウンセリング

本当に副作用はあるのか

ボトックス注射などを受けたくても副作用が気になってなかなか受けに行けないという方もいらっしゃいます。それに、副作用があると言われても本当にあるのかと疑っている方もいらっしゃるでしょう。ボトックスの副作用は、筋肉に対して起こることが多いです。しかし、主な副作用が起こる条件としてあるのが注入するボトックスの量を間違えた時になります。ボトックスは、筋肉の働きを抑えてシワを無くしたり、エラをすっきりさせたりします。そのため、量を間違えてしまうと筋肉の働きが全く行なえない状態になるので、麻痺した状態となり顔に表情が作れない状況になってしまうのです。それに、筋肉を正常に動かせない状況になると、動かしても鍛えられなくなってしまうのでボトックスの量はとても大事になります。
もし、ボトックスを過剰に注入してしまうと筋肉が収縮してしまうので、顔の筋肉が衰えてしまってボトックスの注入や他の治療を続けないといけなくなることも。
このような事態を避けるためには、筋肉とのバランスを考えてボトックスの注入を行なってもらうことが必要になります。そのため、ボトックスの注入を行なう時は施術前にカウンセリングを行なって注入する量や注入する箇所を決めるようになっています。

アレルギー反応について

体へ注入する成分の中には、アレルギー反応を起こすものがあります。しかし、ボトックスはアレルギー反応が起こることがほとんどないと言われている安全な成分です。しかし、ごく稀にアレルギー反応が起こってしまう方がいます。その際に起こるアレルギー反応は、風邪のような症状が起こったり、吐き気やめまいが起こったりすることがあります。アレルギー反応で死に至るまでの報告は今までにありませんが、体調不良を訴えることがあるので、事前にアレルギー反応が出るかどうかを調べてもらったほうがいいでしょう。
ボトックスを注入する時は、必ず医師とのカウンセリングを受けてからになるので、カウンセリングの時にアレルギーについて話があります。ボトックスと相性がいいかどうかを確認してから、施術を行なうようにします。万が一、カウンセリングで大丈夫だと言われてもボトックスを注入した後にアレルギー反応が出てしまうことがあります。この場合はすぐに医師へ相談し、使用をやめるようにしましょう。

安全性が高い成分

ボトックスは、ボツリヌス菌から抽出した成分です。ボツリヌス菌は、食中毒を引き起こす菌として知られていますが、ボトックスはボツリヌス菌から毒素を抜いたものなので、体に注入しても大丈夫です。それに、今でこそアンチエイジング効果などで注目を浴びていますが、元々は眼下麻痺や顔面麻痺などの治療に使用されていたので安全性の高い医薬品になります。何年も前から安全性が証明されており、厚生労働省の認可もしっかりと受けています。
ただ、気を付けないといけないことがあります。最近は、美容クリニックが増えているのでボトックス注入の料金が安くなってきています。安すぎる場合は、日本で認可を受けていない外国産のボトックスを使用している可能性が高いので危険です。安心してボトックス注入を行なうのなら、信頼性の高い美容クリニックで受けることをおすすめします。

To Top